くろねこはなのおいしい毎日

カテゴリ:Let’s 食育レシピ

  • 香ばしゴボウのかきあげ
    [ 2013-01-20 23:09 ]
  • みかん酢でまろやか・かぶの千枚漬
    [ 2012-12-20 16:54 ]
  • 白いご飯によく合う!鶏手羽先のオイスター煮込み
    [ 2012-12-18 09:43 ]
  • 絶品キムチ混ぜご飯
    [ 2012-12-11 08:12 ]
  • ビタミンたっぷり「カリフラワーのポタージュ」
    [ 2012-12-10 17:02 ]
  • 家庭の味を季節の盛り付けで「里芋スノーマン」
    [ 2012-12-10 16:40 ]
  • もこもこ羊のホワイトカレー
    [ 2012-12-04 23:15 ]
  • 蒸し料理であったまる!鮭と野菜の塩こうじ蒸し
    [ 2012-11-30 15:55 ]
  • 柿の紅茶ゼリー
    [ 2012-11-25 18:29 ]
  • れんこん柚子ピクルス
    [ 2012-11-25 18:16 ]



香ばしゴボウのかきあげ

Let’s食育レシピ 1月20日

香ばしゴボウのかきあげ

材料(4人分)
・ごぼう    15センチ
・天ぷら粉  大さじ4
・冷水     大さじ5
・揚げ油   適量
・カレー塩(カレー粉+塩=1:1)適量

<作り方>
1、ごぼうは、生のまま笹がきにしてもいいのですが、
  できれば2回ほどゆでこぼします。
  茹でこぼすことであくが抜けます。また、やや固めに茹であがるので、
  少々太く切っても美味しく食べられます。このへんはお好みで。

2、1のごぼうを、マッチ棒みたいな長さ・太さに切り、水気をふきます。
  笹がきにしてもいいし、もっと太く切ってもOKです。
  水気を切ったら、薄力粉(分量外)少々をまぶします。

3、ボウルに天ぷら粉と水を混ぜ、天ぷら衣を作ります。
  2のゴボウにからめ、175度に熱した揚げ油でからりと揚げます。

4、カレー塩を添えて、出来上がり。

まめちしき
食物繊維たっぷりのゴボウは、腸内のおそうじ役。
水分をたっぷり取り込んで便通を良くしてくれます。
定番の煮物も良いですが、香ばしく揚げることで、お子さんにも、
お父さんのおつまみにも好評です♪
繊細な笹がきにするより、やや歯ごたえのある太さに切ったほうが
噛みごたえがUPして、満足感もあります。
香ばしいゴボウに、なぜかカレー塩がぴったり!
ただし、食べ過ぎは禁物です(^-^)
■  [PR]



by icchy1123 | 2013-01-20 23:09 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

みかん酢でまろやか・かぶの千枚漬

Let’s食育レシピ 12月20日

みかん酢でまろやか・かぶの千枚漬

材料(4人分)
・かぶ    2~3個
・2%の塩水  適量
・こんぶ   1枚

<みかん酢>
・みかん果汁     150cc
 米酢         50cc
 みりん        25cc

<作り方>
1、みかんは横半分に切って、絞ります。茶こしなどでこし、果汁のみ使用します。
  酢、みりんと合わせて鍋に入れ、ひと煮立ちさせて冷ましておきます。

2、かぶは、厚めに皮をむき、薄くスライスします。
  2%の塩水にしばらく漬け、しんなりしたらざるにあげておきます。
  (ぎゅっと強くしぼらないこと)

3、1のみかん酢に、2のかぶらを漬け、昆布を一緒に漬けます。
  30分~食べごろで、冷蔵庫で1週間くらい保存可能。
  絞り終わったみかんの皮を、器にするとかわいい。

まめちしき
ビタミンCたっぷりのみかん。旬の間に、毎日摂りたい果物ですが、
箱買いして余ってしまって…という方も多いのでは。

ふつう柚子や米酢のみで作る酢かぶらを、みかんの果汁で作ったら、
まろやかでお子様にも食べやすい保存食になりました。
まとめてつくっておけば何かと便利だし、おせちの一品にも良いかも。
カンタンで美味しいので、ぜひお試しください♪
■  [PR]



by icchy1123 | 2012-12-20 16:54 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

白いご飯によく合う!鶏手羽先のオイスター煮込み

Let’s食育レシピ 12月18日

鶏手羽先のオイスター煮込み

材料(4人分)
・手羽先  4~6本
・長ねぎ  1/3本
・しょうがの薄切り 2枚
<調味料>
・水     250cc
 醤油   大さじ1.5強
 酒、みりん、オイスターソース 大さじ1
 花椒   小さじ1/4
 八角   1個

<作り方>
1、手羽先は、水気をふいて、多めの油でパリッと焼き色をつけます。

2、圧力鍋に、調味料と、手羽先、ネギのぶつぎり、生姜を入れて火にかけます。
  おもりがまわりだしたら弱火にして、3分煮ます。
  火を止めて蒸らし、ふたが開いたら、具を取り出します。

3、煮汁を半分くらいに煮詰めます。
  皿に茹でた青梗菜(好みで)を盛り、手羽先、ネギを盛り、煮汁をかけて完成。
  
まめちしき
コラーゲンたっぷりの手羽先。圧力鍋で煮込めば、短時間でほろほろに
柔らかく煮込めます。
花椒、八角は中華の香辛料。独特の香りが魅力で、体を温めてくれる食材。
これがあれば本格的な味にぐっと近づきます。
最近はスーパーでも少量ずつ販売されていて便利です。

■  [PR]



by icchy1123 | 2012-12-18 09:43 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

絶品キムチ混ぜご飯

Let’s食育レシピ 12月11日

絶品キムチまぜごはん


材料(4人分)
・米        2合
・いりこだし又はこんぶだし 400ccくらい(水+昆布でもOKです)
・キムチの汁  大さじ5
・しめじ      1/2パック
<後から混ぜる具>
・豚ももスライス(バラでもOK)120g
・醤油、酒    各大さじ1.5
・砂糖      ひとつまみ
・ごま油     小さじ2
・にんにく、しょうがすりおろし 1かけ分
・キムチ(ざく切り) 100g
・青ネギの小口切り 3本分

<作り方>
1、米は洗って水に浸したのち、キムチの汁を加えた水で炊飯します。
  この際、小さく切ったしめじも一緒に加えます。

2、豚ももスライスを1.5センチ幅に刻み、醤油、酒、砂糖、にんにく、
  生姜をもみこんでおきます(10分くらいなじませます)。
  ごま油を熱したフライパンで、焦げないように炒めます。

3、炊きあがったご飯に、2の豚肉、キムチのざく切り、ネギの小口切りを
  加え、ざっくり混ぜたら出来上がりです。
  
まめちしき
発酵食品のキムチの美味しさを余さず使った炊き込み&混ぜごはん。
しゃきっとした食感を残すために後から加えます。
小さいお子さんには、キムチの量を加減してください。
キムチの美味しさに左右されるので、ぜひ美味しいキムチで試してみてくださいね!
■  [PR]



by icchy1123 | 2012-12-11 08:12 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

ビタミンたっぷり「カリフラワーのポタージュ」

Let’s食育レシピ 12月10日

ビタミンたっぷり「カリフラワーのポタージュ」

材料(4人分)
・カリフラワー  200g
・玉ねぎ     70g
・バター     大さじ1
・チキンブイヨン 350cc
(固形1個+お湯でOK)
・牛乳       100~150cc
・塩、こしょう
・ローリエ    1枚

<作り方>
1、玉ねぎとカリフラワーは、洗って薄切りにします。

2、圧力鍋にバターを熱して1を炒め、ブイヨンを注いで、
  沸騰したらあくをとり、ローリエを入れます。
  ふたをして、おもりが回りだしてから2分半煮、そのまま蒸らします。
  (普通の鍋だと、15分ほど煮込みます)

3、2からローリエを出し、ミキサーでなめらかにします。
  鍋に戻し、牛乳でのばし、塩こしょうで味をととのえます。
  お好みでカレー粉を加えても合いますよ♪

まめちしき
カリフラワーは、ビタミンCが豊富で、体の老化の原因になる活性酸素の
増加を抑制してくれます。
また、薬膳の食材としても重宝され、疲れをとり、物忘れに効くと
いわれています。

もともとは、ブロッコリーの突然変異だったそうです!
最近は紫や黄色など、カラフルなものも出回っていますが、
温野菜だけでなくスープにするとたくさん食べられますよ♪
■  [PR]



by icchy1123 | 2012-12-10 17:02 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

家庭の味を季節の盛り付けで「里芋スノーマン」

Let’s食育レシピ 12月10日

家庭の味を季節の盛り付けで「里芋スノーマン」

材料(4人分)
里芋     小さ目4個・中くらい4個

<煮汁>
・かつおだし 450cc
・みりん、薄口醤油  大さじ2
・砂糖     小さじ1
・昆布     1枚

<柚子味噌>
・味噌     100g
・酒、みりん 10cc
・砂糖     25g
・柚子皮   1個分


<作り方>
1、里芋は、丸く皮をむきます。新しいものなら、たわしでこすればむけます。
  米のとぎ汁で、柔らかく下ゆでします。
  (こうすると白く仕上がります)
  
2、鍋に煮汁を沸し、1の里芋を加えたら、ごく弱火で煮崩れないよう、
  15分ほど煮ます。
  煮汁の中で冷まして、味を含ませておきます。

3、柚子味噌を作ります。
  柚子の皮は、千切りにしてさっと湯通ししておきます。
  鍋にほかの材料を入れて、とろりとなるまで弱火で混ぜながら煮ます。
  仕上げに柚子を加えます。

4、小皿に、里芋を2個重ねて盛ります(すべるようなら真ん中に楊枝を)。
  ごま、塩こぶで顔を作り、3の柚子味噌をかけます。

まめちしき
おばあちゃんの味、里芋の煮物。
旬の素材の薄味の煮物を、美味しいと思って食べられることはすごい贅沢かも
しれませんね!可愛い盛り付けにすれば、何気ない里芋煮にも愛着がわきます。
ポイントは里芋の煮かげん。
煮崩れず、かつ柔らかく煮あげるには、弱火でゆっくり煮、冷ますときに
味を含めることです。

里芋には、ガラクタンというぬめり成分が含まれ、血圧やコレステロール
を下げる効果が期待できます。
また、食物繊維も豊富で、便秘改善にも一役。
薬膳でもよく取り入れられ、冬場の皮膚の乾燥をふせいでくれる食材です。

■  [PR]



by icchy1123 | 2012-12-10 16:40 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

もこもこ羊のホワイトカレー

Let’s食育レシピ 11月30日

冬だって食べたいカレー「もこもこ羊のホワイトカレー」

材料(4人分)
<ミートボール>
・羊(包丁でたたく)&鶏ひき肉 各150g
・牛乳50ccでパン粉30gをしめらせておく
・玉ねぎ1個分をみじん切りにし、油でよく炒めておく
・塩  小さじ1弱
・玉子 1個分

<カレー>
<A>
・カルダモン(ホール、軽くつぶす)5粒
・ローリエ        2枚
・玉ねぎみじんぎり  1個分
・にんにく、しょうがのすりおろし 各1かけ分
<B>
・チキンスープ      400cc
・塩            小さじ1弱
・ガラムマサラ     小さじ1
<C>
・カシューナッツ(ペースト状にする)30g
・ココナツミルク     100g
・ヨーグルト        50g

<具>
・白い野菜(かぶ、じゃがいも、カリフラワーなど)
               適量 一口大に切っておく
・ウインナー       4本

<作り方>
1、ミートボールを、ハンバーグの要領でこね、丸めてフライパンで焼いておく。
  
2、カレー鍋にAを入れて熱し、玉ねぎが透き通って甘みが出るまでよく炒める。 
  カルダモンとローリエは、途中で取り出す。

3、Bと、白い野菜を鍋に加え、12,13分煮る。

4、仕上げにCと、ミートボールを加えて2,3分煮て、味を調える。


まめちしき
「チキンコルマ」という、鶏とナッツのカレーのアレンジ版。
材料は本格的ですが、意外に簡単に作れます。
辛さは、ガラムマサラの量で調整してくださいね。
(レシピ通りだとまぁまぁスパイシーです)

羊肉は、カルニチンという成分を豊富に含み、脂肪の燃焼を
助けます。また、赤身肉なので鉄分を多く含み、貧血予防に
効果が期待できます。
薬膳のほうでも、体を温めてくれる食材として重宝されます。
ややクセがありますが、鶏肉と混ぜてミートボールにすることで
ぐんと食べやすくなりますので、ぜひ新しい食材にチャレンジ
してみてくださいね。風邪予防するには、蒸し料理オススメです♪
■  [PR]



by icchy1123 | 2012-12-04 23:15 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

蒸し料理であったまる!鮭と野菜の塩こうじ蒸し

Let’s食育レシピ 11月30日

蒸し料理であったまる!鮭と野菜の塩こうじ蒸し

材料(4人分)
・生鮭    4切れ
・白菜、人参 あわせて300gくらい
・塩こうじ  大さじ3
       (適当で大丈夫です!)

<作り方>
1、鮭は水分をふき取り、塩こうじ大さじ1.5をまぶして、しばらくおく。
  できれば30分くらい。
  
2、白菜は鍋モノ用にざく切り、人参は皮付きでOKなので、3,4ミリの輪切り。
  よく洗って水気をきったのち、ボウルに入れて残りの塩こうじをまぶします。

3、蒸し器に白菜、人参をしきつめ、上に鮭をのっけて、湯気のあがったところへ入れ
  蒸し始めます。弱めの中火で10分。せいろやタジン鍋だと、そのまま食卓に出せて
  便利です(^^)できたて熱々を、お好みでポン酢を添えて。


まめちしき
藤原紀香さんが写真集を出版されましたね~41歳とはとても思えない、まさに
パーフェクトBODY!(写真集のタイトルです)
美の秘訣をいろいろ語ってらっしゃいましたが、中でも「蒸し料理」をおすすめ
されてました。確かに、水炊きなどに比べると野菜の味がすごく濃いし、
短時間でできてものすごく体が温まるのがよいところです。
塩こうじにからめることで、素材の味がさらに引き立ち、野菜の甘みが出ます。

旬の白菜には、ビタミンCが比較的多く含まれ、ビタミンB群を含む鮭と
一緒に摂ることで、疲労回復に役立ちます。
また、人参などの緑黄色野菜+たんぱく質を一緒に摂れば、さらに免疫力UP!
これからの季節、おいしく食べて風邪予防するには、蒸し料理オススメです♪
■  [PR]



by icchy1123 | 2012-11-30 15:55 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

柿の紅茶ゼリー

Let’s食育レシピ 11月25日

ちょっぴり大人の柿と紅茶ゼリー

材料(4人分)
・柿   1個
・レモン汁 少々
・くこの実 12粒(水少々でふやかしておきます)

<ゼリー液>
・紅茶   300cc
・砂糖   小さじ2
・粉ゼラチン 小さじ1(小さじ2の水でふやかしておく)

<作り方>
1、柿は、実を角切りにして、レモン汁をまぶしておきます。
  グラスに分けておきます。

2、鍋に紅茶と砂糖を入れて煮溶かし、ふやかしたゼラチンを入れ
  溶かします(沸騰させると固まりにくくなります)。

3、ゼラチンが溶けたら粗熱をとり、1のグラスに注ぎ分け、
  くこの実も加えて、冷やし固めます♪
  柔らか目なので、半日くらい冷蔵庫でゆっくり冷やすといいでしょう。


まめちしき
今が旬の、柿。日本古来のフルーツですが、その栄養価も注目されています。
抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンAが豊富で、風邪の予防などにも
役立ちます。
また、カリウムや食物繊維も豊富で、高血圧の予防や便秘解消にも効果が
期待できる、子どもから大人まで食べたい果物。
そのまま食べるのが一般的ですが、時には目先を変えて、ゼリーに。
目に良いくこの実も、こんなデザートにすれば抵抗なく食べられるかも。
■  [PR]



by icchy1123 | 2012-11-25 18:29 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

れんこん柚子ピクルス

Let’s食育レシピ 11月25日

冬に美味しい根菜☆れんこん柚子ピクルス

材料(4人分)
・れんこん  適量
<ピクルス液>
・水2:砂糖1:柚子絞り汁1

・柚子の皮をきざんだもの 少々

<作り方>
1、れんこんは皮をむき、酢水から5分ほどゆでます。
 (まず、まるごと茹でることで、切った時に割れなくなります)

2、レンコンをたてに2つまたは4つ割りにし、7,8ミリにスライスします。
  再び、少し固めに酢水で茹でます。

3、茹であがったらざるにあげ(水におとさない)、かるく表面に塩をふって冷まします。
 (かるく塩をふることで、余分な水分をだします)
 あとで、表面の塩をかるくふきとります。

4、ピクルス液は、電子レンジか鍋でひとわかしし、冷ましておきます。
  3のれんこんを漬け込みます。

5、盛り付けて、柚子の皮をのせて、できあがり♪

まめちしき
れんこんはビタミンと食物繊維がたっぷり!
風邪の予防にぜひとりたい冬の代表的な根菜です。
また、薬膳でも、酢の物は血をきれいにするなど、普段から
積極的に取り入れたい料理。
酢は苦手というお子さんも多いと思いますが、柚子のやわらかな
酸味は、比較的チャレンジしやすいと思います。
好みで水や砂糖の量をふやしたり、調整してください。

冷蔵庫で1週間は保存できますので、作っておけば、お寿司に
混ぜ込んだり、わかめと和えて酢の物にしたり、アレンジ豊富。
■  [PR]



by icchy1123 | 2012-11-25 18:16 | Let’s 食育レシピ | Trackback | Comments(0)

釣り、お料理、野菜作りにかこまれたくろねこ花ちゃんののんきな毎日
by icchy1123
画像一覧

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

おすすめキーワード(PR)

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

XML | ATOM

skin by excite